食物繊維の知識について

食物繊維は昔「食べ物のカス」だと考えられていました。そんな食物繊維が体に不可欠な栄養素とされるまでの歴史と、具体的に食物繊維とはどんなものなのか見てみましょう。そのことから小麦ふすまに関心を持ち、便秘患者・大腸炎患者への影響を確認しました。

食物繊維の種類

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に大別されます。

不溶性食物繊維

成熟した野菜などに含まれる糸状に長い筋で、ボツボツ、ザラザラしているのが特徴です。不溶性食物繊維を多く含む食品は穀類、野菜、豆類の他、エビやカニの表皮です。

水溶性食物繊維

ネバネバ系とサラサラ系があります。水溶性食物繊維を多く含む食品は昆布、わかめ、こんにゃく、果物、里いもです。こんにゃくの原料は水に溶けますが、食べるこんにゃくになると水に溶けません。

現在社会で手軽なコンビニ食やインスタント食品が多い上に、甘いものの摂りすぎで、栄養が片よりがちです。もちろん食物繊維は大幅に不足。20歳女性なら目標量で17g、目安量で21gです。この倍以上の摂取が必要です。食物繊維が足りないと肥満への心配も出てきます。夕食の、栄養バランスのよい家庭料理で食物繊維を摂っていますが、それでもこの世代の目安量21gには8gも不足!朝食と夕食、そしておやつなどに工夫してに、もっと食物繊維の補充が必要です。

外食が中心の食生活は、野菜、イモ類、マメ類、きのこ類、海藻類など食物繊維が含まれる食材が不足しがちで、栄養バランスも悪くなっています。この世代の摂取目安量は27gですから、これでは半分以下!もっと効率的に食物繊維を摂ることを考えたいものです。

私たちに必要な食事摂取量はいったいどのくらいでしょうか?日本人の食事摂取基準(2010年版)では、食物繊維の目標量は、18歳以上では1日あたり男性19g以上、女性17g以上とされています。調査結果から見てみると、食物繊維摂取量は10〜40代でかなり少ないことが分かります。また最も摂取量が多い60代でも目標量にわずかに達していませんでした。

毎日の食事を見直し、改善が難しい場合には食物繊維が簡単に摂取できるサプリメント・ドリンク剤・粉末スープなどの栄養補助食品を上手に利用しましょう!

オススメサイト情報

皆さんが気になる媚薬(主に女性用)に関してご紹介しています。そもそも媚薬とは何か?どんな物を指し、どのような種類があるのか?、また成分などに関してここでは紹介しています。しかしこれにエロという要素を加えると情熱は再び燃え上がった。これを国家機密級の媚薬にしてしまおう!

シアリスを服用することで副作用がでてしまうという方もいます。しかし、副作用にも個人差はありますし、基本的には副作用がでてしまっても病院で治療が必要になるようなことはありません。

AKB48大島さんの日本代表サッカーユニフォームを始め、AKB48全員の日本代表サッカーユニフォームは今予定を受け付けます!